信用情報機関とは

信用情報機関とは

金融機関からお金を借りるということになると必ず審査は行われます。無審査で誰でもお金を借りる事ができるというわけでは当然ありません。

 

その審査は各金融機関が独自の審査を行うということになっています。しかし、実際は各金融機関が各個人の個人情報を持ち合わせているというわけではありません。

 

日頃から付き合いをしている金融機関ならばある程度の情報を持ちあわせている可能性もありますが、そうでなければ一々莫大な個人情報を持ち合わせているわけがないのです。

 

では審査の際にどこの情報を参考にするかということ、信用情報機関ということになります。

 

信用情報機関は各金融機関がそれぞれ登録をする事となるのですが、信用情報機関は各個人の住所や勤務先に年収などを把握しており、過去において支払い等の遅延や延滞などのデーターを全て持っているということになるのです。

 

そのため、金融機関はお金を貸すかどうかの審査を行う場合は信用情報機関に照会をしてデーターを取り寄せてその結果を元に貸し出しを行うかどうかの判断を行うということになるのです。

 

つまり、銀行でも消費者金融でも信販会社であってもお金に関することの個人データーは共有しているということが言えるのです。

 

信用情報期間があるので総量規制の範囲を超えているのかどうかの確認もどこの金融機関からも出来るということになります。

 

お金を借りるということはこうした情報が全て記録されるわけです。信用を失わないためにも返済が遅れるとか滞るといったことには十分に注意をしなくてはいけません。