総量規制を理解する

総量規制を理解する

お金を借りるということに関連して最近は総量規制という言葉をよく耳にする機会が増えてきました。おそらくお金を借りるという行為を行おうと思わなければあまり関わることもないようなことかもしれません。

 

総量規制は以前、消費者の多くが貸金業者などからの借入を数多く行った挙句に返済に四苦八苦して自殺する人や破綻する人が続発したために貸金業法の改正とともに制定された法律となります。

 

この法律が施行される以前においては一人の消費者にお金を貸すかどうかは貸金業者の判断に任されていました。

 

どれだけ多くの借金があったとしても貸金業者の裁量如何で貸し出すことが可能だったのです、ところが総量規制という法律が施行されるようになり、貸出ができる金額というものが一人の消費者ごとに設定されるようになったのです。

 

具体的には年収の三分の一までしかお金を貸金業者から借りることはできないということになったのです。これは各貸金業者ごとに借入ができる金額ではありません。

 

全ての貸金業者からお金を借りることが出来る金額の総計ということになります。この法律によって無謀な借金のために破綻をする人はかなり減ったといいます。

 

なお、総量規制は貸金業者である消費者金融や信販会社などに対して当てはまるもので銀行などは貸金業者ではありませんので総量規制の対象からは外れるということになっています。

 

また、総量規制は個人に対しての法律であって法人に対しては適用されることはありません。